急に必要でも

seniharaha

困ったときは背に腹はかえられない

極力、借金・融資はしたくないのが一般的な考えです。

というか・・・普通ですね、正常な考え方です。

出来ることならショッピング枠現金化も利用しない方が良いに決まっていますし、身内に借りることや知人に借りること、全部が当てはまります。

「もうどうにもならない!!」

お金が必要で差し迫ったときの危機感は、精神的にかなりの苦痛を伴うもので、頭の中はがんじがらめで変な汗まで出てきます・・・こうなると、他の事なんて頭には入ってきませんし冷静さを保てなくなりますよね。

私自身もギャンブルに負けてお金が困窮した日々がありまして、ショッピング枠現金化も利用しましたが、黄色の看板でおなじみのお店まで手を染めました。。。(当時は某グラビアアイドルが広告塔でした)

無かったことしたいような事ですが、お金の大切さを強く感じることが出来ました。

さあ本題です。

急な出費の対策としては、「知人や親族に借りる」「日払いの仕事をする」「不要な物を売る」「サラ金やカードローンを利用する」「ショッピング枠現金化をする」事が考えられます。

  • 人からお金を借りる行為
  • お金に困っているからこの行動をするので当人に返す気はあっても「もともと無いお金」なので、突然収入が上がらない限りは返せないのが誰でも想像できることで、基本的に人から煙たがられて信用を無くす事に繋がります。

    好き好んでお金を渡す人は貸金業者しか居ませんので、自業自得、借りれなくても人を恨まない事です。

  • 日払いの仕事
  • すぐに仕事が出来てすぐにお金を得られる仕事はそう多くは有りません。

    私も経験が有りますがこのようなところでも面接を設けており、その後スケジュールが組まれて仕事をする流れになりますし、仕事後すぐに至急をしてくれるところも有れば、週締め月締めの会社も有りますので、即時即日の条件の仕事はほぼ皆無に等しいのではないでしょうか。

  • 不要な物を売る
  • 換金性の高いブランド品をお持ちでしたら換金したほうが手っ取り早いかも知れませんが、思い入れが有ったり売りたくない人も居るでしょうし、必要な金額が高額で有れば足りない事になるかも。

  • 貸金業者から調達
  • 審査などいろいろ所定の手続きや借りた実績が信用情報に載るなど、見えないところで信用を落としますが人に迷惑を掛けずに出来るので一般的です。

  • ショッピング枠現金化
  • 星の数ほどあるといわれるショッピング枠現金化業者の中でも、振込にかかるスピードは全ての業者が即日に振り込んでくれる優良業者とは限りません。

    当案内所でも紹介していますが、お店によって手段が異なっているためで、「買取式」「還元式」の二種類が主流で存在しています。(各記事でも手段の説明しています。一読していただけるとより分かりやすいと思います)

    特に時間に追われている方には「還元式」(キャッシュバック型)が最適ですが、多くの店舗では銀行振り込みが主流ですので金融機関の営業時間に当然左右されます。

    業者が用意している金融機関は各店舗のホームページ上で確認をする事が出来ますので、同じ機関同士なら時間帯や土日祝日に関係なく対応をしてくれるはずです。

当案内所では急に必要になった時にも対応できるように、リサーチ・口コミによる判断をもとに即日は当たり前として一秒でも即時に振り込んでくれるという条件を満たした優良業者を、おすすめをしています。

akutokugyousha

悪徳業者といわれる業者には、実は特徴がある

即時即日で対応してくれる店舗も有りますが、中には悪徳業者と呼ばれる店舗が有る事もまた事実のようで、クレジットカードでの手続き後に振り込まれない事や何かと手続きという名目で振込を遅らせているなどなど、お金が必要で申し込んでいるのに、振り込まれない様では本末転倒です。

「すぐ対応します」「すぐ振り込みます」という抽象的な言葉で納得しては絶対ダメ!「何分に対応します」「何分まで振り込みます」と具体的に聞きませんと、人によって何分以内が「すぐ」なのか定義があいまいになってしまいますので言い訳として利用されているのです。

ランキング比較サイトや口コミでも評判が悪い業者の利用を避ける事や、各店舗で十分な説明を受けた上で比較をし、あいまいな説明や質問に対して言葉を濁すような業者は使わないようにすることと、利用する前にショッピング枠の残高と契約内容はしっかりと把握しましょう。

また、ご契約しているクレジットカードによっては一括払いによる限度額と分割払いによる限度額に違いがある可能性がありますので、契約内容を確認しておくことでご自身のクレジットカードが不正に決済されていないかすぐに分かります。

最後に・・・急に必要になっても対応してくれる店舗は有りますので、落ち着いて情報を収集する事が大切で「あなたのクレジットカードを守るのはあなた」ですから、ご自身のクレジットカードの契約内容やショッピング枠残高を常に把握しご利用後のトラブルを未然に防ぐように心がけましょう。

kotonarujittai

広告とは異なる営業実態の存在には要注意

当サイトがWEB上で公開されてから約3年が経過致しましたが、開設当初と比べましてもこのショッピング枠現金化業者の数はだいぶ様変わりをしています。

特に業者の多様な換金手段の誕生により、表向きはショッピング枠現金化を扱う数が減ったかと思えば、業態を変えたタイプ、つまりすでに馴染みの存在ともいえるAmazonギフト券の換金手段が増えたことにより、その絶対数はあまり変わっていないのかなという印象です。

さらにはまだ脚光(?)を浴びていませんが、携帯におけるキャリア決済現金化なるものまであります。

いずれにしても、どの手段におきましても結局はゴール地点となるのは換金、「手元にお金」ですから、利用検討者が望む方法で換金できる手段が増えている事が良いのかは判りませんが、選択肢は増えています。

換金が最終地点であることにより、その業者が宣伝しているであろう広告文を着目しますとどれも全く同じ内容である事が目にされます。

表題にあるような「急に必要でも」もまさにその一つ。

これまでショッピング枠現金化の問題点と言えば、業者間で手続きが異なることにより、例えば「即日」を例に挙げますとA店では30分以内の対応に対し、B店では12時間後に初めて確認が出来たというように、かなり曖昧でした。

このような問題も換金手段が増えたから変わったということも内容で、実質的に同じ見方で考えるべきでしょう。

参考:クレジットカード現金化優良店比較DX

しかし、前述したように換金を希望する者に対してその希望通りになるべく早い時間で対応できる業者も少なからずあるという事もあり、結果的にどこで申し込みをしようと考えていても、手段に捕らわれずに比較する事は非常に重要ですね。

急に必要ということは、時間が無いという事の表れであり、特に金融機関の営業時間帯は短い時間である事、さらに店側もその申込者以外にも対応しているという事になると、そもそも本当に直ぐになんとかなる可能性というのは元々少ないのではないでしょうか?

そもそもそのような状況になってしまった理由の第一要因と致しましては自分の言動にあるのですから、それを第三者に押し付けるような事、期待する事が違います。

しかし、そこに需要があるのがこうしたサービスであり、そのような要望も考慮して対応してくれる業者を見つけ出すことは可能と言えます。

2016/11/12