未成年でもキャッシングの選択肢が残っています

miseinen

多目的型金融商品としてキャッシングにも種類が有る

ショッピング枠現金化を比較検討されている方は、男女性別問わず、また国籍も関係なく望む方がいらっしゃるようで、中には女性をターゲットとした広告展開をしている業者があれば、多言語による説明を表記して外国籍の方でも換金が出来るように配慮されたお店もあるようです。

個人も法人も関係なく、中には法人専門として請け負うようなサイトデザインで運営されているところや、リスティング広告におきましてファクタリング(売掛債権現金化)業者を紹介するサイトと見せかけて置きながら、ショッピング枠現金化業者への導線を確認が出来る比較サイトもありました。

そして、年齢による利用者層の幅も関係が無いようで「未成年 現金化」と検索をしてみると・・・審査を介さず利用できるコトを謳った広告が混じっている事が分かると思いますが、その内容をよく見てください。

未成年が金融機関や消費者金融でお金を借りる事が非常に難しいという記述が確認出来るのですが、確かにこれは一理あることですね。

10代では想定される所得が低いことと、生活環境によっては親元で生活しており自立していないことが懸念されますし、学業と並行して仕事をしている可能性を考えますと安定した収入があるとは言えませんよね?

さらに、民法上に置きまして20歳未満による契約事は法に置きまして保護されている立場にあり、本来であれば保護者の同意・承諾を得て契約が履行されるコトが一般的な取引方法でありますので、手続き上におきまして何かトラブルが発生した場合には契約自体が無効になる可能性が事業者側が危惧されている項目になっています。

その為、古物商営業法上でも原則20歳以上という本人確認をした上で取引を行わなければいけない旨が存在しておりますし、その他契約ごとに置きましては18歳以上というよりも何かと20歳以上を条件とすることが多いのです。

しかし、選挙権が18歳以上に与えられることについてはご存知の方も多いですよね?成人と何ら変わりない権利がある事を初めて国が認めたものですから、今後未成年に関する概念が変わっていくのかもしれません・・・たばこやお酒、古物営業法にその他成人向けサービスなどなど。

キャッシングもその例外でも無く、限度額は当然高額では無いものの、高卒以上で学生の方であれば利用条件の範囲とする「学生ローン」は既に利用が出来るサービスでありますが、その他大手中小含む正規の貸金業者の利用につきましても、原則20歳以上が条件となっているものの、保護者の承認・保証人の用意が出来れば審査対象として捉えてくれるという可能性が含まれているようです。

kinsakutewosomeru

若くして金策に手を染めることは多大なるリスク

記事前半部でもご紹介したように、未成年に対する審査の厳しさが想定されるコトは逆の立場で考えてみれば当然と言えます。

その中で、ショッピング枠現金化は未成年(学生含む)も実行できる?で記述したように、意図的にキャッシングは厳しいからショッピング枠現金化を未成年に対してオススメしている比較サイトが有りますので注意してください。

支出項目の為に資金を捻出することは当然の行為では有りますが、年齢相応の金銭感覚のバランスが崩れているのかもしれません。

その年齢から学生ローンを利用していた知人がおりますが、その中で紹介制度による利息優遇サービスが当時存在していたようで、学生でお金に困っている人なんてザラにいるわけですから友達同士でよく借りていたようで、その知人の結末と致しましては最終的に親に頭を下げて完済したようです。

今となっては簡単に話してくれる若かりし頃の話ですが、実際に当事者として考えてみますと身内には何を言われても頭を下げ続けるしかないですし、支払いが滞って取り立てられる一方になれば、それまで借金・融資を生活資金の一部として回してきたことを考えても再起する為には学業を捨てて返済の為に働く事を強いられます。

多感な時期であり何かと購買欲が湧いてしまう世代ではありますが、若さは一時的な期間にしか過ぎず、その後の人生のほうが長いワケですし信用情報というリセットのしようが無い人生の履歴を今汚してしまうことは非常にもったいないことです。

周りを見れば羽振りの良い方もいるでしょうが、それは果たして本当に自分のお金なのでしょうか?仕送りと自身の収入を合わせもって生活している方であれば当然余裕が有りますし、何も他人と同等に考える必要は全く有りません。

学生であれば、在学中であっても奨学金制度を学校の指導の元で手続きが出来ますし、学生で無い場合につきましてもキャッシングの選択肢は残されています。

各々で抱える事情は異なりますので、この場合はコチラが良いなどと誘導する事は当案内所に限らず出来ない事でありますので、これを特定方法に誘導する情報は広告である可能性が高いですから、情報をなるべく多く取り入れて精査することは成年者と同等に未成年にも求められています。

2015/10/28