ショッピング枠現金化でクレカを送れと言われたら

kurekaokure

クレジットカードは名義人しか使えません

仕方なしに利用する事が多いショッピング枠現金化ですが、世間的な知名度が低い取引内容ですからこの手の話題は常にアングラなものとして扱われるコトが多く、実際に悪徳業者の逮捕が有りながら、実店舗をリアルに構えて何十年も営業している既成事実があることにより、混沌としています。

これまでに幾多数多のお店が有りましたが、営業を続けているお店を探すこと自体が少なく、それでも新しいお店が次々と立ち上げておりますが、古物営業許可番号を検索してみるとグループで運営されている一屋号に過ぎないなど、複数店舗運営をしていることもありまして、どのような経緯でそのような事を行っているかは謎です。

さらに、amatenを始めとするギフト券仲介市場が誕生した事で、Amazonギフト券現金化として新たな集客の間口を広げる事に成功したのか、こうした換金市場の運営元が公表している月間取引金額は、なんと億単位で取引が行われているとされており、換金という市場は世間とはかけ離れたところで一定の需要が存在しているようです。

知っている人は知っている、知らない人は知らないという感じですから、もしクレジットカードを所有していて出費に困っていたら一考することもありそうですが、市場規模間が有る事でよく分からない安心感が有りますが、業者の説明をよく聞かずに利用する事は当サイトではオススメできません。

手元にあるそのクレジットカードは、一個人として一法人としてその信用を認めてくれた事で初めて発行されているのであり、その会員になったことで決められた規約を守る必要が生まれるのですから、換金目的で利用する事が発行元から嫌われていることを知らないでは済まされません。

所有して居ながらも、細かい使い方や決め事について把握されていない方って結構多いのではないでしょうか?付属される特典内容にばかり目が行きがちで、それを売りに発行会社が集客をしているのですから当然と言えば当然なんですが・・・。

特に何も意識していない方がショッピング枠現金化業者に申込みをして、もしそのお店が悪徳な業者の場合、一体何を比較すれば良いのか、何が良くて何が悪いのか、判断出来ずに悪徳店員の言いなりで手順を進めてしまえば、換金後に気付いたところで換金したという事実をキャンセルする事は出来ません。

もし、お振込するのにクレジットカードを送ってください、郵送してください、実際に会って渡してください、なんて事を言われてどう思いますか?本人以外の人物が利用する事は禁止事項の一つですから、承知の上で渡してしまう事も使ってしまう事も良い事では無いですよね?

nanikasurukoto

クレジットカードで何かをする事では無い

捨て看板などでも「カードでお金」「カードで換金」などの表現で箇条書きされた取引の内容は、あまりにも抽象的で一見ではその内容を理解する事は出来ないでしょう。

媒介される商品は無数に有るものの、厳密に言ってしまえば「クレジットカードで購入した商品も買取」「クレジットカードで購入した商品に対する還元」なかには「クレジットカードで購入した商品に対する返金」もありますが、これら3つをすべて総合して”ショッピング枠現金化”と略されています。

実際に使用する事になる与信枠が、キャッシング枠とショッピング枠の後者を利用する事により、細分した言い方として”ショッピング枠現金化”と言う呼び名もあります。

取引内容について略された形で誇称されていますが、実際は先ほど挙げたように「商品の買取」「商品の特典」「現金での返金処理」が取引内容の核となる部分です。

ですからクレジットカードを相手に渡す事も必要無く、普段お使いになっている使い方の延長線上で結果的に換金が行われていると考えますと、なぜ堂々と繁華街や駅前などでこうした業者が営業を続ける事が出来るのか見えてくるのではないでしょうか?

店員にクレジットカードを渡すことが現金化では無い事も明らかですから、偽造や不正利用などに悪用を目的にしている可能性もありますので「クレカを送って」と言われた場合にはこれを思い出して頂ければ悪徳業者を利用しなくて済むのではないでしょうか。

商品を購入する事が肝ですから、ワザワザ専門業者に依頼する必要も無く自分自身でも出来そうと考えられますが、既に換金率の良い新幹線の回数券や高級ブランド品の転売などにつきましては、これまでの利用履歴や決済名目に基づき、換金目的での利用と指摘される可能性が高いと言われ、既にもうこうした商品をクレカ決済する事は出来ないとも言われています。

しかも、実際にお金を手にする時間やその手間・工程を考えますと、短時間で完結出来る事も無いですから、各々の状況と選択肢によってメリット・デメリットの違いが有ります。

これらを専業のお店に申し込みをする事で省けると考えますと、結果的に業者の中から比較していくことが最も手っ取り早い方法と言えます。

2016/11/21