個人情報が漏れない

kojinjouhou

これまでに不正利用に関する話題は今のところは無い

意外な事にこれまで個人情報に関する不正利用における事柄は、少なくともネット検索上においては確認が出来ません。

世間一般的な買い物を業者を通して行う事によって最後はお金を手にする流れになりますが、普段通りの買い物であれば本人確認をいちいち確認されたりしませんよね?しかし、ショッピング枠現金化業者では本人確認が徹底して行われています。

前述したようにお金が関係している以上、例えば偽造されたクレジットカードが使われていないか、振込先は別人では無いかという確認が目的かと思われ、多くの業者の説明ページで必要手続きとする告知を見る事が出来ますね。

カードブランドの確認や偽造されたクレジットカードではないか確認する事は当然かなとは思いますが、さらにご利用される方が本当にご本人様なのかという確認を取るために、必要であれば顔写真付きの身分証明書と、自分自身の顔を映した写真を送ることもあるようです。

家族でも友達でも「許可を取った」と言い張っても、本人以外がクレジットカードを利用することは違法です。

中には、私自身は利用を見送りましたが職場への在籍確認を取る店舗も有りましたし、実際、私も利用していた時には上記のような確認がありまして、経験をしています。

最近よく見るようになったAmazonギフト券を使った換金方法の場合にも同様で、表面上は「ギフト券の買い取り」と見せており、「ショッピング枠現金化」というキーワードがある程度マイナスイメージが有る以上、さらに周知が進んでいない事によってクリーンっぽい印象を受けますが、中身は全く同じであると考えて頂いて結構です。

当然、初めての申込みの際は無店舗型のお店だったのですがド緊張状態だった事を今でも覚えています。

利用した後日に、変な電話が掛かってこないか、自宅にダイレクトメールや手紙が届くことは無いか、迷惑メールがたくさん送られて来たりしないか不安な気持ちでいっぱいでした。

2007年の夏、初めて利用した時からすでに7年近く経過しており、その後もショッピング枠現金化の利用を重ねましたが今のところ何もありません。(メールでキャンペーンの案内はたまに届きました)

金融業者ではないにしろ、本人確認は無店舗型も店舗型も変わりなく同じように本人確認が徹底されており、お金を振り込むという観点からもこのような本人確認を行われることには仕方が無い事かなと納得ができます。

職場の情報や年収、家族構成などの商品売買に関する事項以外の個人情報を聞き出してくるといった、ショッピング枠現金化に関係の無い情報を収集することに執着するお店には注意が必要です。

例えば初回の申込みの際に必ず連絡先を入力する項目が有るはずですが、この際にクレジットカード情報や自宅住所、さらには金融機関口座まで求められる店舗は、申込みをしても利用する事を決めたワケでは無いのに個人情報の入力をする必要はありませんので十分に注意をしましょう。

そのような情報を転売、悪用されてしまい身に覚えの無いトラブルに巻き込まれてしまう可能性も無いとは言い切れませんので、店員の対応以外にもこのような点を注意して比較すると、悪徳な業者と優良な業者の線引きが見えてきます。

また、ショッピング枠現金化業者でも不正なカードでの使用に使われることの無いようしっかり個人情報の管理に努めているところには必ずプライバシーポリシーの表記があります。

これはインターネットサイトを運営する上で必ず掲載する事を義務付ける法律はありませんので、あくまでも管理者の方針を宣言しているものになるのですが、この中にまれに「第三者に情報提供する場合」について記載しているところも有りますので申込みをする手前に確認をしましょう。

取引に関するメリットについては記載が豊富な点にも注意するべきで、事業者なワケですから悪い印象を抱かせる表現は使われていない事は当たり前であり、一昔前にありましたベネッセの顧客流出事件を始め、さまざまな企業で個人情報の取り扱いに関するニュースが流れる時代ですから、必ずしも「個人情報が漏れない」とは言い切れないこのご時世、もし不安な気持ちのままご利用される際には利用後の個人情報の削除を依頼しましょう。

さらに、個人情報の管理体制について十分な説明を求めてから納得の返答を店員より得られた場合のみ、そのお店を利用するか比較検討しましょう。

何かあってからでは遅く、事前に予防する為の意味を含め、間違っても詐欺業者での申込み・ご利用をされることの無いように注意喚起やクレジットカードやお金にまつわる各種ご相談に応じることができる接客対応を中心軸として調べ上げて、当ショッピング枠現金化優良店案内所ではランキング化してオススメしています。

kojinjouhou2

個人情報と怯え過ぎても何も出来ない

人々は最近になってから個人情報について気にし始めたのではないでしょうか?昔から名簿屋は現存していましたし、あらゆるマーケティングの中で各業界に必ず存在する情報を一つの営業ツールとして今でも利用されている事から、実際に名簿屋と検索をすると無数に営業をしている事が分かります。

昔は雑誌や業界紙等に掲載される情報を「買って」仕入れていましたが、今では無料で誰もが使える「検索」をすれば答えがスグに表示される便利な時代であり、SNSがある事で他人の心理や考え等も筒抜けになっています。

もはや世間一般化したインターネット関連サービスは提供者の顔を見ることなく取引が出来る事が当たり前です。

それは通販や各種有料サービス、アプリの利用や契約申込みなどは個人情報を開示しなければ手続きをする事が出来ませんので、提供者側を信用しても良いのかという判断が必要になります。

身近な存在としてスマホでアプリをダウンロードするときや、SNSでプラグイン機能を利用する時には相手側に通知される情報について事前承諾を求められる事がありますよね?今では日常化していますが当初は少し構えて考えていらっしゃった方も多かったはず。

前述したように、プライバシーポリシーの掲載など利用者の信頼の為に企業努力をしている方針が確認出来るかと言う事が重要点で、ついつい見落としがちなのですが、お金が関わらないサービスにも危険が潜んでいます。

例えば勧誘メールや各種懸賞サイトなどは当選商品の発送をもって当選となる為に個人情報の入力は必要事項であるケースがほとんどです。

自分の不徳の致すところで漏洩することは無いようにしたですが、自宅に居ながら移動中でもSNSを利用したり通販をするなど、便利なサービスを引き換えにして、この現代社会において完璧に個人情報を守るということは不可能に近く、これは通販でなくも同じ事が言えますので、実店舗で普段買い物をするにしてもショッピング枠現金化業者を利用する事も変わりの無い事です。

だからこそ、個人情報を守るためにも比較サイトや口コミでの情報収集や事前にサービスの概要を知っておく事で自己防衛が出来る唯一の方法とされ、少しの警戒心と正しい知識を身に付ければ悪質な業者に捕まる事もないでしょう。

もちろんそれが100%の安心を保証するものではなく業界に関わらず事業者の管理体制次第であると言え、現にショッピング枠現金化に関わる事では無いのですがgoogleのニュース検索において「個人情報流出」と調べてみてください・・・年間に手の指だけでは数えきれない数の事件が実際に起きているのです。

2016/12/12