ショッピング枠現金化業者の申込プランの違いってなに?

tigaittenani

業者によって設けている場合と無い場合があるけど

ショッピング枠現金化業者は、扱うモノがクレジットカードである事は共通しておりますが、その手続きの進め方は各々異なっており、プラン別の申込み方法があるお店の存在はご存知でしょうか?

全てのショッピング枠現金化業者がプラン別の申し込みフォームを用意しているという事はないので、一部の業者にだけ当てはまる記事の内容になります。

用意がある業者における、そのプランの名称は各社共通することはなく、言い回しは幾つもあり、どれもその説明は具体性に欠けます。

即日タイプでの申込みと、時間のかかる、ゆったりプランがあります。(呼称は通常プランなど)

さらには、女性限定のレディースプランなど女性客の集客を押し出しているところもあります。

また、例外でプランの名称とは異なりますが、中には専業主婦を狙い撃ちにした店名を商号(ママ〇〇〇~)としているところまであります。

このように、基本的に職業(法人専門)や性別(女性専門)を意識したデザインや、特定条件の方に対して優遇しているように感じさせている業者もあり、換金という目的は本来一つなのに他社との差別化が図られている様子ですね。

実際にショッピング枠現金化業者へ問い合わせをしてみると、金額や換金率、還元率が優遇されるとかなんとかで、詳しい金額や、具体的な%(パーセンテージ)を話してくれる業者はありませんでした。

中には、申込みしたら教えるという、横柄な電話対応をしたショッピング枠現金化業者もありました。

ショッピング枠現金化における各種プランについて調査してみた

細かく名称を振り分けると、それぞれオリジナルの名称が付けられているので数が多くあるように考えられますが、実際のところ言い回しを変えているだけで意味だけを見据えると少ない事が分かります。

即日プランと呼ばれる申込みは、その名の通り当日中に振込があることを指し、恐らくは還元式の手法を取っている可能性が高いと推測できます。(時間帯、金融機関営業時間によって翌日扱いも可能性もある)

ゆったりプラン呼ばれる申込みは、当日中の振込には対応しておらず、恐らくは買取式の手法を取っている可能性が高いと推測できます。(ゆったりプランの目安は、3日~1週間かかるとの返答がありました)

ちなみに、即日プランよりも、ゆったりプランのほうが多少ではありますが、換金率、還元率が優遇されるとのことでした。

このプラン別の申込みがあることで、振り込まれる金額や、時間に相違が生まれることの無いように、しっかりとメールで記載してもらうことや、説明をメモしておくことなどの確認が必要です。

そのほか、レディースプランやビジネスプラン、シニアプランなど、特定年齢層をターゲットとした謳い文句もありますが、その本質は全て同じショッピング枠現金化ですので、プラン別だから特別何かあるというワケではありませんので、プラン別といいますか消費者をカテゴライズする申込み方法を取っている業者は控える様にしたほうが賢明でしょう。

悪質、悪徳な業者では、この手の質問の返答には、あからさまに態度が悪くなり、誤魔化したり、あやふやな説明になります。

そのようなショッピング枠現金化業者が、優良業者として広告に掲載されている様であれば、その広告サイトにお金を払って、掲載をしているのではないでしょうか。

優良業者の電話対応は、悪質、悪徳業者とは相反して丁寧に受け答えをしてくれます。

たとえば、こちらの質問に対して「大丈夫です」と一言で片づける様な事はなく、なぜ大丈夫なのかという具合に、補足説明が必ずあります。

ショッピング枠現金化業者は1社だけではありませんので、各社の話を聞いて比較検討することも重要です。

onajikoto

手段が違ってもすべて同じこと

昔から今に至るまで、ショッピング枠現金化は変わらず存在してきた隙間産業でした。

インターネット上で運営されている業者の数も、一番お店が有ったときに比べ、半数以下にまで縮小されてきているとされながら、各地方ではネットでは聞いたことも見たことも無い様な業者が、道路脇に捨て看板を設置して営業している様を見る事も出来ます。

プラン別になっていたり業者によって異なる手段であっても、結局は同じ事であり、与信枠の換金をする仕組みは古くからありますが、変わってきている事としては媒介物の変化では無いでしょうか?遥か昔から換金ビジネスはありましたが、昔は火鉢や蚊帳、大工道具に鍋などの生活用品も媒介されていたものです。

今現在では、情報商材やCD-ROM、アクセサリーやブランド品の還元換金は今でも存在する代表的な仕組みですが、第三者による新たなサービスに便乗する形でその様を変化させています。

近年では、すっかり購入が不可能になってしまったクレジットカードによる商品券購入に目を付けた業者が、当時日本に参入して間もないPayPalという比較的どんな商材でも取扱いが可能な決済サービスを応用する形で、約2、3年程の運営期間でしたでしょうか?2014年12月辺りまで営業を続けていました、

「クレジットカード 金券」などで検索すると出てきますが、広告の露出も激しくとうとうPayPaよりアカウント停止処分が下されたことにより、商品券の購入は完全に不可能になっています。

そんな中でも唯一クレジットカード決済が許されている(?)金券はAmazonギフト券では無いでしょうか?iTunesやラインで利用できるタイプのギフト券もありますが、手に入れたところで取引できる商品やサービスの幅が少なく、Amazonだからこそ需要が生まれ、買い取ったギフト券も捌けるのでしょうね。

Amazonでは、このような対策の為に細則を設定していますので、取引機会を提供する業者や利用客のいずれにもその責任が有るのは明白ですが、実際のところそれを度外視した形で取引が昂然に行われています。

saisoku

プラン別申し込みや利用者の特定環境に特化して対応している旨が確認できたら要注意

これまでの様に、プラン別の申し込みや利用者の特定環境に特化しているタイプを感じさせるショッピング枠現金化業者も、申込フォームにそのような項目を設けていないところも同じ換金手段になります。

ショッピング枠という揺るぎないものが換金対象になりますので、企業であれば単純な融資だけでなく、ファクタリングやM&A、事業売却などによってお金を得る事は出来ます。

しかし、ショッピング枠現金化は文字通り個人でも法人でも変わる事が無い与信枠を対象にしています。

他社とは異なる付加価値があるかのように見せて、優遇するという印象付けはまさに集客の為に使われる謳い文句に過ぎず、結局そのショッピング枠現金化業者で無くても、他の普通のところの方が良かったという事はザラにあります。

これを悪徳と言い切れるものではありませんが、利用者が感じるお得感や特に初心者であれば知識が無い事を良い事に印書を良く見せる餌付けをされているのです。

ある比較サイトでは、ホームページの作りでランキングの評価項目として取り入れている場合もあります。

無店舗型の方が圧倒的に比較サイトで掲載されていることが多いのですが、店舗型でも無店舗型でも同じショッピング枠現金化である事も何ら変わりありません。

もちろん、当記事をご覧になっている方は既にそれは何も意味をなさない事と理解されているはずです。

2017/02/6