ショッピング枠現金化を希望しない事が最も正しい考え方

kiboushinai

どのような事情であれ貯金が無い事が致命的

恐らくは意図的に検索しなければ辿り着くことの無いであろう与信枠の換金手段。

なかなか世間の目に触れる機会が無いであろうこの資金工面策につきましては、各種企業で商売の一環あるいは販売促進目的で利用されている仕組みの一つである為に、グレーとしての見方が非常に強いです。

これはショッピング枠現金化について初見の方でも、何となく感じられるモノがあると思いますが、あくまでも行政が提供している事業で無ければボランティア団体の事業でも有りませんので、利用されるであろう与信枠の満額を手元に呼び寄せる事は不可能である事は言うまでもありません。

しかし、比較検討者に置かれた状況は、日ごろ不便なく生活を送っている者たちでは考える事が出来ないようなストレスや苦しみを抱えながら同じ時を経過するのですから、どのような理由で成り立っていると致しましても一銭でも多く、出来るだけ満額を得られるところを探すことに躍起になってしまいがちです。

例え専業で請け負っているであろうショッピング枠現金化業者では無い手段で換金を実現しようとしても、満額を受け取る事は不可能であり、自身と他人が関わる取引ですから相手にとって何らかのメリットでもない限り、それをたった一人の為に行う人なんていないはずです。

yoshoku

今得られる収入から支出をシミュレーションしよう

そもそも貯金が無い事が問題ですから、有る状態に持っていく事で状況も180°変わります。

と言った手前、収入を増やそうと願っても簡単に叶うほど甘くはありませんよね・・・。

今出来る事が大切とよく言われますが、限られた収入から支出をなるべく抑えて自由に使えるお金を毎月毎月残して行く他無く、所得の大小に関わらず支出が所得を圧迫すれば誰でも破産する可能性は有りますし、現によく高額年俸を貰っていたスポーツ選手が引退後に困りがちである事のように、誰もが特別と言うことも無く、誰もがお金に困る可能性は均等に存在しています。

最も個人消費における支出項目には差があるものの、誰もが納めなければいけない保険料や年金に関する項目につきましては、前回の記事中でも述べましたがお住まいの地域によって地域差が存在していたり、国民年金の様に数か月分を前倒して前納すると、その対象期間次第では丸々1か月分の金額ほどがお得になります。

それ以外の食費や水道光熱費などの生活に関わる出費項目に付きましては、己次第なところは有りますが、外食をしない、食事回数を減らしたりする(ダイエットにも◎)などの地道な努力ですが、一つだけでなく多くの項目で”どうしたら支出を抑えられるか”を意識付けをしますと強力な効果を生み出します。

2016/01/1