ショッピング枠現金化は未成年(学生含む)も実行できる?

ショッピング枠現金化優良店案内所では、未成年が業者に申し込みをする事が無いように注意喚起をしています。

少しでも悪徳業者、悪徳比較サイトでの閲覧を防止する為に、もし万が一、未成年である当事者の方がご覧になっている場合には、今一度ご自身の考えを改める機会になってしただけましたら幸甚です。

未成年でも就労していれば成人の扱いとして認めてくれるのか

ショッピング枠現金化を利用できる対象は、与信枠残高が残されているカードの所持と本当に所有者が申し込みをしているのかどうか確認する為の本人確認が条件として、どのお店でもその旨が確認される説明を見ることが出来ます。

それでは、カードを発行する対象年齢は高校生を除く18歳以上からで有りますので、まだ成人式を迎えていない”子供”も上記の条件をクリアする事が出来れば申し込みが出来るのでは無いかと感じさせますが、実際のところどうなのでしょうか?

サービスに関わるキーワードに未成年と追加して検索をしてみると、比較サイトや業者のページが表示されますが、記述内容に関してはYESが有ればNOと言ったりと、情報が180°異なる内容が多く、総じてどれもポジショントークをしている印象で両者共に一方的な説明で、もう片方の可能性について言及する事は決して多くはありません。

買取式に至っては古物営業法の観点から、この類の買取サービス以外の買取業を行っているお店の全てで、保護者の同意書や印鑑を貰う必要が有る事は、幼き頃にゲームや漫画本を売ろうとしてた方も多くピンとくるのではないでしょうか。

そこで、当案内所で独自調査してみる事にしました。

  1. 業者発信

    未成年者の利用に関する記述は、総じて記載されているところが少ないのですが、とあるショッピング枠現金化業者では「利用を控えさせていただきます」という記述がありました。

    そのお店は古物業を用いた買取式では無く、還元する仕組みであるコトにより古物営業法の未成年者による依頼の禁止に触れる事も無いので利用できるかと思いきや、詳細を記すことは無いものの、どのお店でも断る傾向があるようです。

  2. 比較サイト発信

    未成年者でも利用が出来る旨が確認出来る比較サイトは非常に多い・・・と思いきや、特定比較サイトだけが未成年者の利用を助長する、つまり未成年者も「ショッピング枠現金化が出来る」と受け取れる情報発信をしている様が確認出来ます。

    当然、断られるorもしくは申し込みをしてはいけませんよ、と発信している比較サイトが多い中で特にデメリットの記述をする事が無く、絶賛と称賛をしているサイトは広告報酬目的で運営されている方の特徴です。

    その時点で閉じるボタンを押して当然なのですが、今回は調査目的の閲覧です。

    利用を推奨している比較サイトをよく見ると、「内容は無いよう」と言いたくなるくらい薄っぺらい情報で、確かに何も知らない比較検討者が見れば「あ、未成年者でも換金出来るんだ!」と誤解を生みそうです。

    さらに、ショッピング枠現金化業者の屋号(店名)を利用して、ココなら「18歳(未成年)でも無審査でお金を借りられる」と記事を量産して、未成年に関連するキーワードの検索結果を埋め尽くす様に汚染しております。

    年の為、注意喚起の意味を込めてそのサイトのキャプチャー画像を下記に掲載しておきますので、間違っても経由して申込みしないようにしてください。

未成年でも利用できると比較サイトで書いてあったけど?

先ほどの比較サイトを経由して、試しに「未成年でもお願いできますか」と、全てのショッピング枠現金化業者に申込みをしたところ、案の定すべて断られました。

買取式も還元式であっても関係なく、申込みをすれば解決出来るという何ともふざけた記述を全て否定する事が出来ました。

このように、ショッピング枠現金化業者だけでなく、業者と比較検討者の心理を逆手に取って広告報酬を得ようとする悪徳運営者が存在しており、その者から見れば実際に成功しようがしまいが関係なく、ただ申込みさせる為に間違った情報を発信しているのです。

しかも、「クレジットカードでお金を借りる」という広告文を見るのですが、ショッピング枠現金化は融資をする事では無い事により、こうした貸金業者や融資を目的としている広告を行っている、それを助長しているのであればサイト運営者は出資法違反で検挙されても何ら不思議では有りませんし、ひょっとしたら貸金業者と並行して運営されている可能性も考えられます。

火のないところに煙は立たぬというコトワザがあるように、少しでも不安を感じたらその予感は的中するものです。

しかし、未成年が金策をしなければならない理由ってあまり想像が出来ませんが、クレジットカードを所有している未成年、高校生でないことを考えると、親元を離れて新生活を営む為の資金や車の購入関連でしょうか?

車だったらマイカーローンを選択する術も有ります。(「車でお金」とは違いますよ!!)

新生活の準備にしても、家財道具はクレジットカードで賄えますし、賃貸にしてもキャッシュレス決済が可能な物件から選択すれば申込みをする必要なんてありません。

このサービス以外にも正規貸金業者や銀行系カードローンなど様々な救済策は有りますが、総じて未成年者の利用は断られることと、微かな望みなど期待せずにご両親に相談したり、節約という努力と限られた収入の中で生活をすることで忍耐力を養うと理解し、我慢することも人生ではないでしょうか。

未成年の浪費・高級志向は無駄遣い以外、何物でもない

miseinen

お金が無い人の特徴として、収入が低いこと、収支バランスが悪く貯蓄癖のない人たちが挙げられます。

クレジットカード現金化もそんな方々の緊急救済策として、クレジットカードを所有しているという条件が少しハードルを高めていますが、それでも過去に作成しておいた磁気カードが困難な状況を打破するためのジョーカーになり得る可能性は、当事者からすれば願ったり叶ったりなサービスなのです。

人生日々生きているだけで色々な出来事に遭遇しますが、特に人生の経験が浅い10代から20代にかけては、それまでの先輩方と同じ「社会」という世界ではまだまだヒヨッコ。

若い頃は貯金があるわけでも高収入でもないのに、周りにはお金があれば何でも買える好奇心を刺激され、浪費や無駄遣いをしがちではないでしょうか?クレジットカード現金化は年齢や性別を問わず利用されているようで、最も多くの割合を占める年代は30代と40代、その次に20代の利用が多いようで、年代によって金策した先の用途は異なるようです。

10代であれば年金を支払う義務はありませんし、住民税だって支払う必要はありませんよね?

高校生であればアルバイトもできますし、そのお給料でお小遣い代を確保するくらいであれば十分な金額のはずですが、たまにバイクや車を欲しがっている人・・・周りにいませんでしたか?

10代が大金を要する理由なんてたかが知れた範疇ではないでしょうか。

利用用途が何であれ、まあ社会に出ればまとまったお金が必要になることは全く無い話では御座いませんので、クレジットカード現金化を比較検討する理由もそれとなく分かりますが、未成年者もどのような理由で利用するのかは検討もつきませんが、クレジットカードを所有することは可能ですから実際に利用することは出来ます。

実はクレジットカード業者では、家族世帯に向けた「家族カード」と呼ばれる一人一人にショッピング枠を設定するのでなく、発行される家族全体で限度額が決められているサービスがあり、枠を共有されていながらもクレジットカードに書かれている名義のローマ字は家族それぞれの名前ですから、一見してそれが家族カードであることを見抜くのは素人目には不可能です。

クレジットカード現金化の比較サイトや口コミサイトでも、未成年者の申し込みに関する情報がありますが、実際に利用者の体験談や実例についてのほとんどが20代以上である為に、10代の利用者の有無についてその真意を確認できる情報を掲載されている業者サイトや比較サイトは存在しないようなので調べてみました。

結論:未成年はクレジットカード現金化は出来ないと考えるべき

もし未成年の方で当記事を閲覧中の方は、ここで潔く諦めていただきたく思います。

商品を買取する仕組みのクレジットカード現金化業者では、古物営業許可を取得している為に原則として20歳以上でなければ例えクレジットカード現金化でも断られるようです。

世間一般的に20歳未満の商品の買取を依頼する場合には、保護者の承諾書や印鑑等が求められますが、これは古物業を営むすべての御者の義務であり、これを怠ると古物営業法違反として罰せられることになるからです。

つまり、20歳未満で就労していたとしても未成年という区分から抜け出したことではありません。

近年選挙権が20歳以上から18以上に引き下げられまして、成人=20歳以上という固定概念を変えたほうが良いのではないかという議論を見ることがありますが、選挙権の年齢条件が変わったのですから、古物営業法の改正があっても不思議では無いですが、2017年現在でも20歳以上ですからこれに従うほかはありません。

古物営業許可の記載と、買取型と説明する記述を確認できた場合には、問い合わせをする手前でこのように判断することが出来ます。

買取以外の手段で換金を行うクレジットカード現金化業者は、古物業に当たることは無いので通常の商品購入と同じ段取りになりますので理論上では断られる要素はありませんが、やはり就労していたとしても低収入であること、利用後のトラブルを考慮してか請け負う業者が無いのが実情のようです。

クレジットカード現金化だけでなく、正規の貸金業者でも20歳未満・未成年者の利用については慎重視されているようで、団体が加盟する協会の「よくある質問コーナー」で確認することができますが、完全に各業者の審査条件が異なることにより、請け負う業者もあれば請け負わない業者もあることを示唆できる記述がありますが、例え利用できるとしても保護者の承諾書が必要であることが述べられています。

いずれにしても未成年者が金策をしなければならない状況とは中々検討もつきません。

学費にしても奨学金という審査条件の緩い融資制度がありますので、家庭がどんな経済状況にあっても融資対象は親でもなく通学する子の名義になります。

生活費にしても新生活の為にお金を有することも分かりますが、親元でお金を貯めてからにすれば金策をせずに、余計な債務を抱えることなく解決できるはずであり、よほど裕福な家庭でない限り節制や貯蓄などの努力をすることがこれから生きて行く中でも大切な人生の勉強と言えます。

多目的型金融商品としてキャッシングにも種類が有る

ショッピング枠現金化を比較検討されている方は、男女性別問わず、また国籍も関係なく望む方がいらっしゃるようで、中には女性をターゲットとした広告展開をしている業者があれば、多言語による説明を表記して外国籍の方でも換金が出来るように配慮されたお店もあるようです。

個人も法人も関係なく、中には法人専門として請け負うようなサイトデザインで運営されているところや、リスティング広告におきましてファクタリング(売掛債権現金化)業者を紹介するサイトと見せかけて置きながら、ショッピング枠現金化業者への導線を確認が出来る比較サイトもありました。

そして、年齢による利用者層の幅も関係が無いようで「未成年 現金化」と検索をしてみると・・・審査を介さず利用できるコトを謳った広告が混じっている事が分かると思いますが、その内容をよく見てください。

未成年が金融機関や消費者金融でお金を借りる事が非常に難しいという記述が確認出来るのですが、確かにこれは一理あることですね。

10代では想定される所得が低いことと、生活環境によっては親元で生活しており自立していないことが懸念されますし、学業と並行して仕事をしている可能性を考えますと安定した収入があるとは言えませんよね?

さらに、民法上に置きまして20歳未満による契約事は法に置きまして保護されている立場にあり、本来であれば保護者の同意・承諾を得て契約が履行されるコトが一般的な取引方法でありますので、手続き上におきまして何かトラブルが発生した場合には契約自体が無効になる可能性が事業者側が危惧されている項目になっています。

その為、古物商営業法上でも原則20歳以上という本人確認をした上で取引を行わなければいけない旨が存在しておりますし、その他契約ごとに置きましては18歳以上というよりも何かと20歳以上を条件とすることが多いのです。

しかし、選挙権が18歳以上に与えられることについてはご存知の方も多いですよね?

成人と何ら変わりない権利がある事を初めて国が認めたものですから、今後未成年に関する概念が変わっていくのかもしれません・・・たばこやお酒、古物営業法にその他成人向けサービスなどなど。

キャッシングもその例外でも無く、限度額は当然高額では無いものの、高卒以上で学生の方であれば利用条件の範囲とする「学生ローン」は既に利用が出来るサービスであります。

その他大手中小含む正規の貸金業者の利用につきましても、原則20歳以上が条件となっているものの、保護者の承認・保証人の用意が出来れば審査対象として捉えてくれるという可能性が含まれているようです。

未成年のショッピング枠現金化は多大なるリスクしか無い

記事前半部でもご紹介したように、未成年に対する審査の厳しさが想定されるコトは逆の立場で考えてみれば当然と言えます。

意図的に「キャッシングは厳しいからショッピング枠現金化を未成年に対してオススメする比較サイト」が有る事がおかしいと理解していただければ問題ございません。

支出項目の為に資金を捻出することは当然の行為では有りますが、この手のサービスを比較検討している時点で年齢相応の金銭感覚のバランスが崩れているのかもしれません。

その年齢から学生ローンを利用していた知人がおりますが、その中で紹介制度による利息優遇サービスが当時存在していたようで、学生でお金に困っている人なんてザラにいるわけですから友達同士でよく借りていたようで、その知人の結末と致しましては最終的に親に頭を下げて完済したようです。

今となっては簡単に話してくれる若かりし頃の話ですが、実際に当事者として考えてみますと身内には何を言われても頭を下げ続けるしかないですし、支払いが滞って取り立てられる一方になれば、それまで借金・融資を生活資金の一部として回してきたことを考えても再起する為には学業を捨てて返済の為に働く事を強いられます。

多感な時期であり何かと購買欲が湧いてしまう世代ではありますが、若さは一時的な期間にしか過ぎず、その後の人生のほうが長いワケですし信用情報というリセットのしようが無い人生の履歴を今汚してしまうことは非常にもったいないことです。

周りを見れば羽振りの良い方もいるでしょうが、それは果たして本当に自分のお金なのでしょうか?

仕送りと自身の収入を合わせもって生活している方であれば当然余裕が有りますし、何も他人と同等に考える必要は全く有りません。

学生であれば、在学中であっても奨学金制度を学校の指導の元で手続きが出来ますし、学生で無い場合につきましてもキャッシングの選択肢は残されています。

各々で抱える事情は異なりますので、この場合はコチラが良いなどと誘導する事は当案内所に限らず出来ない事でありますので、これを特定方法に誘導する情報は広告である可能性が高いですから、情報をなるべく多く取り入れて精査することは成年者と同等に未成年にも求められています。

2017/11/16